ページ内を移動するためのリンクです。
ここからメインコンテンツです

YACCOMARICARD(ヤッコマリカルド) the jump(ザ・ジャンプ)公式ブランドサイト

the jump(ザ・ジャンプ)

CONCEPT YACCOMARICARD(ヤッコマリカルド)

現在表示しているページの位置
  • TOP
  • コンセプト[ヤッコマリカルド]

YACCOMARICARD(ヤッコマリカルド)

中国語ENGLISH

デザインの背景

ヤッコマリカルドがブランドとして登場したのは1977年。
第二次世界大戦後30年余りの時を経て、日本は経済成長の真っただ中であった。
人々が生活の中に余裕を感じ始め、ファッションとしての既製服が本格的に売れるようになり、デザイナーが登場し、専門店やブティックがそれぞれのファッションを主張し始めた時代である。60年代のフラワーパワーや、ビートニック、ヒッピーやニューファミリーといった新しい生活文化を求める動きが70年代に入り、ファッションを文化として見つめだした時代でもある。それは、ファッションを単なるおしゃれの要素とするだけでなく、その中に都会的な日常感、生活観や皮膚感覚、個性の表現を求めだすこととなった。
そのような時代のカルチャーを背景として、ヤッコマリカルドの現在に続くデザインが生み出された。

デザインコンセプト

天然素材を使い、ルーズシルエットのトップス、ボトムスを中心としたアーバン感覚のトータルコーディネートファッション。
ガーメントダイ(製品染め)による個性的なカラーオペレーションと、ファブリックスの柔らかさや、皮膚感覚的表現。

テクニックス

美しいルーズシルエットを表現するために必要な、正確なパターンメイキング、ガーメントダイを前提とした縮絨率を計算した上での縫製技術、素材を魅力的に表現する多彩なステッチワーク、世界で類を見ない多彩で精緻なピンタックワーク。

ファブリックス

平織りのコットン、リネン、手織り素材、タイシルクを中心として使用。秋冬シーズンには、ウール、ナイロン等も使用する。またガーメントダイにより、新しい風合いの素材が作られる。
素材を重視して積極的にアジア各地の素材を開発、独自の世界観を表現。

これらの要素は、現在の自然志向、将来に続くナチュラルテイストファッションの先駆けとなるデザインコンセプトである。

PAGE TOP

COLLECTION